心覚え

腐BBAが見てきたことを感じたことをつらつら書いてます。

若手俳優応援スタンス

仕事の待ち時間中に書いた。

 

  • 基本情報

首都圏住まい/会社員/実家は出ている

現在進行系で腐っているBBAです。生きている中の半分以上、腐っているので、

もしも腐卒業とかなったら自分がどうなるのか考えるだけで怖い。
都内で働いていて、会社の立地的が最高の高で観劇しやすいのとフレックス使えるので、うまくいけば16時から劇場へゴーーーーーーーーーーーーーーーーシューーーーーーーーーーーーーーーー。*1
が、ここ何年か仕事が忙しく、しかも会社の関係で夕方~夜に急にタスクが降ってきたりするので、平日観劇は控えてます…。
でも、我慢できなくてたまにドロンしていく時もありますが。

 

インターネッツ界隈では推しについてあまり語らないのですが、αさんとβさんがいます(どうでもいいぼやかし)
αさんは完全に2.5次元舞台でβさんは2.5次元意外の舞台でって感じです。

 

  • 推す基準

αさんは、役に対する姿勢が真剣でストイックで推しというより人生における尊敬する人的な立ち位置なので、段々推しとは…と考えてしまう日々が現在進行形で無駄に思い悩んでる。
βさんは完全に顔が好みのタイプでした(笑)でも、βさんもβさんで役とか舞台に対する真剣みが感じられるのとアクションがすごい。応援したくなる。

 

  • 舞台を観に行く基準

推しが出演しているまたは原作知っているのであれば推しが居なくても観に行ってます。
あと、自分が眠くならないか…失礼な話なんですけど内容に対して興味がないと推しがいても意識がトビ掛けたことがあったので、
内容が興味あるか大丈夫かで行くか決めてます。
頻度としては無理しない程度に。ただ、ペダステは自分の中では別次元でとりあえず空気だけでも吸えばいいっていうスタンスなんで立ち見とかで頑張ったりします。

 

  • 舞台以外のイベント等に行く基準

大体、違うイベントとか用事で被ってて中々行く機会が。
あと、推しと会話したり握手とかしたら灰になる自信があるので、単純に行く勇気がない。

 

  • グッズを買う基準

パンフとプロマイドは大体、購入。
鬼のようにグッズを集める時期はもう遠くの彼方へ消えて行ってしまっているので、ガチャとかは…。
あと、これ以上モノが多くなるとやばい。

 

  • 雑誌を買う基準

内容があるやつは買う、ないやつは買わない。お金出すのがオタクだと思っているんですが、こう厳選しないとキリがないので。

 

  • 映像を買う基準

買う基準としては老人ホームに入所したときに持っていきたいかどうかで選んでる

 

…のは建前で、アニメBDとかで金を使ってしまっているので本当にせめぎ合ってる。アニオタの自分に勝ったら買う。
あと、どうでもいいことなんだけど、いい加減、弊社はサラリー分のお賃金をBBAに出してくれよマジで…2年ぐらいもらってない。。。お金ねえ。。。

 

  • プレゼント/手紙について

両方ともやったことないんですが、手紙は本当に出したい。来年だそう。
プレゼントは…若い子の趣味分からないし、服の趣味とか壮絶にダサいと思うので、
サトウのごはんとごはんですよを送りたい…。
あと、プロテインとか。

 

皆さん、若手俳優陣の方々、健康管理とか気を使っていると思うんだけど、健康は大事だよ…。

 

  • 普段の行動

平日は仕事!仕事!仕事!集中力キレたらTwitter監視とか。あとは帰ってきて溜まっているアニメ消化と支部巡回に勤しんでいる。
あと、アル中気味なので仕事帰りに飲んだり。

観劇以外のイベント参加だとアニメ関連とか、誘っていただいてアニサマへ参加したりとか。

 

  • 同担について

関わったことないし、そもそも関わりあう機会もなく…。
どういうところが推せるのかとかの話を聞いてみたいけど、実際のところどうなんでしょ…。

*1:バトルドーム!!!!!!! ボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!! 超!エキサイティン!! 3Dアクションゲーム! 

私が2.5次元舞台に通う理由

自分の考えを文章として書く練習として、2.5次元舞台に通うまでとその理由を書いていきたいと思う。
だらだら書いているのでまとまってないと思います。俳優さんの名前を敬称略してます。

 

まず自分の話から、腐歴がそろそろ14、5年ぐらい突入して、
中堅の毛が生えたくらいの人間なのですが(オタク歴はそれよりちょっと長い)
経験値として夢女子の経験ゼロ、ジャニオタや男性グループや芸能人などの三次元のおっかけ経験もゼロというものでした。


なので、根っからの二次元どっぷりの自分視点で二次元キャラとどうこうしたい、という思考もまったくなく(寧ろ、自分と二次キャラがどうこうなるのに嫌悪感がある)
必然的に三次元が二次元を表現するという行為に無関心というか本当に表現が出来るのか?という懐疑的な思考でした。2014年まで。

 

ズブズブと舞台に嵌っていく道筋としては、有り触れた感じでペダステからでした。
丁度、弱虫ペダルのアニメ開始時期が2013年秋で、そこから、まあー本当に自分でも吃驚するぐらい久しぶりに嵌りに嵌っていました(アニメDVD,原作漫画,ロードバイク購入など)
それで、こう沼に足から頭までどっぷり浸かっている状態で、インターネッツ界隈をフラフラしていると、Pixivとかでペダステの感想レポに必ずぶち当たるんですよね。
現場レポとか読むのが結構好きなので読んでいたのですが、レポの大半が意外にも良かった!って書かれていることが大半で、


読んでて当時はぶっちゃけ、

まことに~?
いやー二次元キャラを三次元で表現するとかどうなの?特に御堂筋くんとか三次元で再現不可でしょ。

てか、どうせイケメンがチャラチャラして演じているだろうな(クッソ超偏見)
ハンドル持っただけでロードレースを表現できないだろ

って思っていました。

このときの自分をストゥ*1で94738978473748374回ぐらい、ぶっ叩きたい。

 

もう、超超偏見思考の上から目線でかなり舐めきっていたんですが、レポ読んでいるうちに、見てみたくなってきちゃったんですよね。

自分の人生の中で舞台というのは身近な存在ではなく、(学生時代の課外授業で見に行ったぐらい)その未知の領域に足を踏み入れたいなという感じでした。


それで、たまたまGW中に暇だからペダステDVD借りるか~って思ったら近所になく、とりあえず舞台 弱虫ペダルインターハイ篇 The First Resultを購入して一人で見ました。

 

見た感想として、
意外とクオリティ高くて面白い(舐めきっててごめんなさい)
と思いました。

 

それまで2.5次元舞台といえば、ニコニコ動画のβ時代にうpされていたテニミュだったので、キャストさんがつねに歌っている印象が強かった。
そもそもペダステは歌を歌うけど、ミュージカルではない、歌う場面はあるけどメインであるロードレースをきっちりやっているんですよね。
アニメ、原作に嵌っている身としてはロードレースを蔑ろにされていなくてとてもよかったです。
肝心のレースシーンについて、それぞれ各選手の個性を体の揺らし方や走り方できっちり分けられているのと、実際にペダルをもって走るのと同時に流れる風、空気感を照明で表現、レースの動かし方、キャストに舞台の表現をパズルライダーという役割を与えて、さらに舞台内容に対して深みを出す…とにかく、舞台でしかできない熱量をすべてぶつけられて、自分の中の偏見が吹き飛びました。

その上で特典DISCもバックステージという稽古と舞台裏シーンが入っているのがあるんですが、(本編と同じ145分。濃い)
これがさらに沼への階段をさらに駆け上らせる、恐ろしい(嬉しい)モノでして。
本編だとそのキャラクターのことしか見ていないんですが、バックステージをだと各キャストや演出家を見ることによって、中の人たちがどのように弱虫ペダルのキャラを作り上げていくのかその姿勢を感じることにより、キャストに対して勝手に親近感を感じるのと応援していきたいという気持ちが強くなってきました。
キャスト陣がみんな輝いて見えるんですよね(ある意味プリズムの煌めき)
なんか、高校の部活練習を見ているようで、ひとつの目標に突き進んでいる姿が本当にBBA的に眩しい。

そして、バックステージを見た後にまた本編を見る…無限ループってこわくね?

 

GWからずーっとDVDを見ていたのですが、やっぱり舞台観に行きたい…

舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇〜野獣覚醒〜が2014年10-11月から開演されると告知があり、チケット取ったるで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、息巻いてたらチケット戦争にやぶれ、ライブビューイングのご慈悲を受け、映画館で見に行きました。
そのときは、人気キャラが主役で楽しみにしてたんですが、まーだ舐めきった精神が残っており、
原作だとあの顔だけど舞台だと顔がイケメンだよな~楽しみだけどどうなるんだろwって思いながら千秋楽公演を見ていたんですが、

鈴木拡樹の憑依型演技に脳天ぶち抜かれました。
なんだあれ?なんだあれ?荒北靖友がいるぞ⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉⁉
混乱と意識の混濁。


こういうのもなんですが、自分の中の荒北靖友っていうのは泥水すすっていて這い上がって、今の立ち位置にいる…って思っていて、
ぶっちゃけていうと綺麗なままじゃなくて、ぐちゃぐちゃになっている姿が見たいと思っているところに、
あの演技を見せられて、これが私が見たかったものだーーーーーー!!!!!!うおーーーーーーーーー!!!!ってなりました。
目つきも変わるから凄い…よね…本当に憑依しているって思いました。
からの、カテコでのあのほんわかギャップ…声を大にして叫びたい、二次元の住人の方ですかーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
もう早くチケット戦争に勝利し、生でこの目で見に行きたい…気持ちが限界MAXまで達した瞬間でした。

 

 

神は見捨てなかった。ついについに、チケット戦争に勝利しました。
てか、当選結果の連絡のときに、スキー場に居て、普段の運動不足から疲れに疲れ切っていたのですが、チケット戦争に勝利したことに嬉しすぎて、疲れた体がぶっ飛び、ナイターまで滑ってました。
チケット戦争に勝つと体力が全回復するという知見を得ました。

 

ということで、舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNERが初観劇することになったのでした。しかも東京公演千秋楽。
観劇前日はそわそわし過ぎてペダステのDVDを見て心を鎮めようと努力していましたが、
公演内容が坂道くん1年目の最終局面のインターハイ3日目ということもあってBBA的に心が鎮めように鎮められませんでした。

そして、観劇中は瞬きするのも惜しい。今、動いている姿を目に焼き付けていたい一心でした。
特に今でも印象に残っているのが鳥越裕貴の鳴子章吉で、、
アニメ、原作でもそうなんですけど、鳴子章吉が最後に観客を巻き込み、自分を犠牲にしてまでも箱学を追い掛けるところが一番好きで、今でもアニメのその部分のシーンを見返して号泣するぐらいモンペなんですが、
観客を巻き込む具合が本当に鳴子章吉だし、ペダステを見ているはずなのにインターハイ3日目の観客になっていました。
DVDで見るよりか生で見ると全然違う。ってよく聞くんですけど、まぁそりゃそうで、生で舞台が進行しているしその場その場で動いているし、自分の見たい観点で見れるので満足度と納得度が違うと思う。
最終局面のインターハイ3日目ということで、キャストみんな最後の一滴まで絞りきった、舞台裏で倒れているんじゃないかって演技で
最高の状態のモノをみれて観劇できてよかった…。って感じで初観劇は終わりました。

初観劇が終わって、インターハイ全日程終わったなぁ。楽しかったなぁ。って、すごくキラキラした気持ちで帰宅し…
まぁ、ここでキラキラした気持ちが持続して満足を得ていたら、2.5次元舞台に通うまでには至らなかったなと思う。

 

観劇から日が経つにつれて、不思議なことに舞台観に行きたいーーーーーーーーーー楽しかったからもう一回盛り上がりたいーーーーーーーーーー。
離脱症候群かよって思うぐらい、観劇に行きたい、あのキャストの演技が見に行きたい…etcという気持ちに駆られて、
まず最初は知っている原作やキャストさんが出ている舞台を見に行って、気が付いたら水を吸収していないスポンジのごとく、
その年は観劇!観劇!観劇!っていうぐらい、色んなところに足を運んでいました。
社会人オタクは金持っているし、趣味に8割ぐらい給料をぶっこめるので本当に歯止めがきかない…。
あと、段々とスケジュール管理が出来なくなったので、一旦自分を落ち着かさせるために今年は半年ほど舞台観劇を自粛したりしていました…。10月から復帰しました。

 

舞台に通う理由としては、BBA的にその場の一体感が味わえるのが楽しい、あのキャストの演技が見たい、若い子達がキラキラ輝いているのでその生気を摂取したいとか色んな気持ちを胸に観劇している部分が多いなと感じる。
あとは、観劇する人たちのバックグラウンドがかなり違うので、考え方や思っていることが本当に様々でそれを見たり聞いたりするのも楽しい。

 

まとまりきれていないけど、観劇は楽しい。

 

楽しい気持ちのまま、このまま舞台へ通い詰めていきたい所存です。

 

 

 

あと、今年の観劇収めになりそうだけど、今週はACCAとブタキン行ってくるぜー✌ ('ω' ✌ )三 ✌ ('ω') ✌ 三( ✌ 'ω') ✌

*1:ゴールデンカムイにでてくる制裁棒のこと

2017年夏アニメで個人的に好きなOPED曲

今年、初更新…。
リハビリもかねて2017年夏アニメで個人的に好きなOPED曲をつらつら垂れ流します。

参考までに2017年夏アニメ視聴していたものとしては以下の通りです(※途中で離脱したものも含める)

 

 

The Other Side of the Wall

プリンセス・プリンシパルのOP曲。

個人的に今期一押し!滅茶苦茶、面白かった。そして、二期もやってもらいたいのでDVD購入しちゃいました。

OPでカチカチと車のライトが点滅と共にOP曲が動き出す場面が最高にカッコ良き。

Trip Trip Trip

魔法陣グルグルのOP曲。

アニメ一作目をリアタイ視聴してたBBA的に今年西暦何年だよ(歓喜)っていう。

歌っているORESAMAは春アニメのアリスと蔵六のOP曲も素敵でした。

move on! イバラミチ

最遊記RELOAD BLASTのOP曲。

BBA救済アニメええええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!

幻想魔伝 最遊記リアタイで視聴してたBBA的には(以下略)

GRANRODEOとの親和性が良すぎて最高。

ちいさなひとつぶ

ちいさなひとつぶ

ちいさなひとつぶ

異世界食堂のED曲。

歌っている安野希世乃さん、個人的にマクロスΔのカナメさんを演じ&歌っていて好きです。

アニメの世界観とマッチしていて優しい曲です。

Deep in Abyss

メイドインアビスのOP曲。

メイドインアビスもアニメ面白かったです。

曲調が90年代後半~00年代前半な感じがして好き。

SunSunSunrire

SunSunSunrise/ゆるとぴあ(期間生産限定盤)(DVD付)

SunSunSunrise/ゆるとぴあ(期間生産限定盤)(DVD付)

THE REFLECTIONザ・リフレクション–のED曲。

作詞・作曲がトレヴァー・ホーン。凄く癖になる。アニメ知らない人でもカッコいいと思える曲です。

情熱☆フルーツ

アクションヒロイン チアフルーツのOP曲。

最終話のクライマックスでも流れるんですがこれがいっちゃん熱い!!!!!ちょっと泣いてしまった。

アニメ内容的に王道展開なんですが、だがそれがいい

限界突破×サバイバー

限界突破×サバイバー

限界突破×サバイバー

ドラゴンボール超のOP曲。

歌っている人があの方なのでOP見たときは結構衝撃を受けました。歌がうますぎてしびれましたわ。

あと、アニサマ2017の二日目に参加したのですが、シークレットゲストとして登場したときは嬉し過ぎて意識飛びました。

番外編

Take Me Up Higher

Take Me Up Higher

Take Me Up Higher

OPED曲ではないのですが…(オイ)

プリンセス・プリンシパルのキャラソンから一曲。

アンジェのけだるげに歌っているところとかそれとは対照的な歌詞とか最高なので、みんな聞いてくれ…。

 

ユーリ!!! on ICEが舞台化したとしたら誰に演じてもらいたいか

どーも、ユーリ!!! on ICEを視聴してリアルに奇声を上げているBBAです。こんにちは。

BBAの糞妄想を垂れ流している記事です。

二次キャラを三次の方に当てはめているので許して頂ける方がいらっしゃいましたら、

なにとぞ…なにとぞ…↓

 

続きを読む

2016年に行った舞台まとめ

先週の3日、本格文學朗読演劇 極上文學 人間椅子/魔術師のマチネで2016年の観劇納めだったので、自分が観に行った2016年の舞台をまとめてみました。

まとめてみるとブログに舞台感想を全然かけていないな…;

来年は今年よりも舞台感想かけるようにしたいです…

  •  2016年1月

 キティエンターテインメント・プレゼンツ シャトナー of ワンダー #3 舞台『ロボ・ロボ』

キティエンターテインメント・プレゼンツ シャトナー of ワンダー #3 舞台『ロボ・ロボ』@2016/01/20 感想 - 心覚え

  • 2016年2月

舞台『私のホストちゃん THE FINAL ~激突!名古屋栄編~』

舞台『私のホストちゃん THE FINAL ~激突!名古屋栄編~』@2016/02/02 ソワレ 感想 - 心覚え


舞台『SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~』

SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~@2016/02/11 マチネ 感想 - 心覚え

  •  2016年3月

舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~』

舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~ @2016/3/25・26ソワレ3/27ライブビューイング感想 - 心覚え

  •  2016年5月

ムッシュ・モウソワール第2回来日公演『レッド・ジャケット』

  •  2016年6月

舞台『ポセイドンの牙』

ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016』

  • 2016年7月

舞台大正浪漫探偵譚~君影草の設計書~

  • 2016年9月

舞台『インフェルノ

舞台『ReLIFE/リライフ』

  • 2016年10月

舞台『弱虫ペダル』~箱根学園新世代、始動~

  • 2016年12月

極上文學『人間椅子/魔術師』

 

 

 

 

今年も観劇で駆け抜けた年でした(その間にTBオケコンやアニサマやアニマックスに行ったりしたけど)

あと、2.5次元舞台フィーバー過ぎてたまにチケット取り損ねたり、BBAの体力的に追いつけねぇ!!って場面が多々あったので、何かしら対策せねばと思いました。

選別しているのですが、チケット○あのメールが多すぎて無視してしまうorz

 

 

舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~ @2016/3/25・26ソワレ3/27ライブビューイング感想

ずいぶん時間が空いてしましました…もうDVDも発売されているよ(もちろん視聴済み)

当時の観劇メモが残っているので、全体的な舞台感想書いていきます。

 

※ネタバレ、原作33巻について言及、ちょっと辛口なコメントありです。

 

続きを読む

腐BBAがエニックスお家騒動前後の好きなガンガンコミックスとステンシルコミックスを紹介する

気が付いたら7月だった…生きてます。腐BBAです!こんにちは。

観劇ではなく今回は漫画の話です。。。

観劇には月一ペースで行っているのですがレビュが書けない(クソ)

 

相変らず、Twitter監視しているとあるTLが飛び込んできました。

 

はーーーなかよし卒業後、花ゆめとガンガン専攻だったBBAにめっちゃ突き刺さるわ~~~~どれも面白くって最高だったな。

と、ふとガンガン専攻だったBBAも好きなガンガンコミックスとステンシルコミックスを紹介したいな~と思い、この記事を書き始めました(超自己満)

 

タイトルに書かれているエニックスお家騒動とはなんぞや?という方は暇なときにwiki読んでもらえるといいかと。

 エニックスお家騒動 - Wikipedia

お家騒動時、中学生だったので連載が中断したり好きな作家さん達が散り散りになっていったのは、凄く戸惑った記憶があります…。もう二度とこういう騒動がないことを願うばかりです。

 

ガンガンコミックス 

 

ガンガン買っていた中学生あるあるで、ポクテばっかり書いていた人多いんじゃないでしょーか。エ!?ないって!?BBAは取り憑かれたように一心不乱に書いてたゾ٩( 'ω' )و

ギャグ漫画と思いきや意外とシリアス展開があってそのギャップが面白いですね。

 BBAはガンガンジャングルギャグ漫画と勝手に呼んでます。

 

 

この漫画を読むために月刊ガンガン買っていたと言っても過言ではないです。

キャラが好き過ぎて心臓が痛くなるとか、二次創作に嵌り一心不乱に何かの絵を描いていたとか、中高時代の中である意味で思い出になる作品のひとつです。

どうでもいいですが、東山和実ことヘイムダルにかなり熱をあげてました。

北欧神話×オカルトミステリー×美少年とか中学生女子には好き過ぎて仕方ないと思います(超偏見)

好きになった延長で北欧神話の書籍を漁ったりして更に作品の元ネタが理解できてとても楽しかったなー。

あとたまに足立区ネタが出てくるのがBBA的に好きです。

 

 

新撰組異聞(いもん)PEACE MAKER (1) (ガンガンコミックス)

新撰組異聞(いもん)PEACE MAKER (1) (ガンガンコミックス)

 

 今年、再アニメ化が発表されたピスメ!Dグレといい再アニメ発表多いね~BBA,うれP

 アラサーはここで新撰組を知った方は多いのでは?

作画は綺麗で女の子好みですけど、キャラが死んだり後半部分はシリアスな展開が多いイメージが…。とあるキャラが死んだときにガチで凹んだ記憶がある。

  

スパイラル―推理の絆 (1) (ガンガンコミックス)

スパイラル―推理の絆 (1) (ガンガンコミックス)

 

ガンガンで珍しく連載されていた推理漫画。

中盤になってからブレード・チルドレンとの戦い~黒幕との対決という形に段々変化していましたが、最終回は綺麗に終わってとても良かった印象。

これもまた推しが死んでガチで凹んだ。

 

そして、アニメの話になってしまいますが、アラサー的にED曲が突き刺さって無事死亡。


Cocktail (FULL) Ending Spiral suiri no kizuna (Sub. Esp.) HD スパイラル -推理の絆

 

ハレグゥもそうですが、理不尽ギャグ漫画と言えばこれ。

ノリで突っ走っていても面白いです。

土塚作品どれも面白いのでおススメ!原作ですがBAMBOO BLADEとか面白いです。

 

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

 

 

はい、ガンガンコミックス最後に鋼の錬金術師です。

お家騒動後の新連載でした。序盤は月刊ガンガン買って読んでましたね。

そのあとコミックブレイド魔探偵ロキが連載されることとなり、月刊ガンガンは買わなくなったなぁ…。

このころから筋肉ムキムキ好き傾向が出てきてて、アームストロング少佐が好きでした。

あと、連載当初から読んでいたのに二次へ走るのは結構遅かったです。

好きなCPは結構王道だったな…

 

ステンシルコミックス

番外編と個人的な趣向という意味でステンシルコミックスも紹介します。

ステンシルコミックスって\なーにー!/って方に説明しますと、

月刊ステンシルに掲載された作品の単行本レーベルです。2000年3月創刊2003年11月を刊行停止って…短いなおい!

 

夢喰見聞 1 (ステンシルコミックス)

夢喰見聞 1 (ステンシルコミックス)

 

丁寧に丁寧に作られている感じがひしひしと伝わってくる作品です。 

作画綺麗だしグロテスクな部分がありBBAの琴線にがっつりと触れました。

別作者別雑誌になってしまいますが、夢幻紳士外伝が好きな人は好きになる作品かも。

 

switch 2 (ステンシルコミックス)

switch 2 (ステンシルコミックス)

 

 麻薬取締官を扱った漫画作品これが初めてなのではないでしょうか?

今まで見たことない設定とキャラがとても素晴らしく、当時めちゃくちゃ嵌りました。
嵌り過ぎて麻取になりて~ ( ◠‿◠ ) と思って↓の本を読んだりしていましたね…今はまったく関係ない職業に就いてますが;

麻薬取締官 (集英社新書)

麻薬取締官 (集英社新書)

 

 

以上です。

紹介ではなくBBAの思い出話が大半ですが、この記事読んで紹介した漫画を読んでもらえると嬉しいです _(:3 ⌒゙)_ポリポリ